スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






債権の価格変動リスクの仕組みについて


株や為替の値段が動くのは身近に比較的多くの情報があるので理解しやすいのですが、債権
の価格が動くということにかんしましてはイメージしにくい部分が確かにあります。



投資信託には債券主体の組み入れとなっている公社債投資信託があります。また、株式投資
信託におきましてもかなりの債券が実際に組み入れられております。



そして、株式投資信託として販売されているものの中にはグローバル・ソブリン・オープンのよう
に組み入れられている内のほとんどが実質債券となっているものもございます。



債券の価格変動リスクは、金利が低下することにより債券の価格は上場し、また、金利が上昇
すると価格は低下してしまうことで、債券の残存期間に応じて金利は異なります。



通常短い期間の金利(短期金利)が低く、長い期間の金利(長期金利)が高いように思われる
方が少なくありません。しかし、かならずしもそうではありません。



ちなみに、残存1年未満の債券の金利から、日本の国債で最長30年国債の利回りまで、残存
年数の異なる金利を全てグラフ化したものを総合してイールドカップといいます。



基本的にイールドカップは右肩上がり、右肩下がり、平坦な状態を表します。これらはその時々
の経済や物価を反映して、日銀の金融政策により描かれるカーブがことなります。






テーマ : 資産運用について
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : 国債 資産運用 債券

コメントの投稿

Secre

さらに詳しくしらべる


 検索例  
CFD 債権 手数料などと入力
メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


ユーザータグ

国債 資産運用 個人向け国債 郵便局 長期金利 債券 金利 利子 金融商品 社債 証券会社 財務省 利回り CFD 赤字国債 与謝野馨経済財政担当相 10年物国債 短期国債 15年変動債 株主優待 債権 仕組み 政策金利 外債ETF 日銀 個人向け社債 国内総生産 償還期間 個人向け国債市場 デフレ 金融市場 債券投資 新発債 10年国債 税金 GDP 債券市場 デリバティブ 下方修正 

タグ

  • seo

  • seo
相互リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。